青色回転灯と防犯ステッカーによる

 

青色回転灯と防犯ステッカーによる「地域防犯活動」について

青色回転灯と防犯ステッカーによる「地域防犯活動」について
 
地域との連携
  幕別真幸協会は平成18年7月3日地域貢献事業の一つとして「防犯に関する協定書」を幕別町と締結致しました。(写真1)
  同協定書の内容はデイサービスやショートステイ利用者の送迎時、通院送迎などを利用し、地域の防犯活動に従事することを目的としています。
  送迎車両に「防犯ステッカー」を貼ることで、運行中に不審者などを見掛けたら「すぐ帯広警察署へ通報する」など関係機関との協力連携を不審者意識に訴えることで、不審者を「はびこらせない」といった「地域防犯」に役立てることができます。

  その後、「青色回転灯を装着してパトロールをおこなってみてはどうか」との意見もあり、帯広警察署と協議を重ね、申請の結果平成18年9月5日に北海道警察釧路方面本部長より「自主防犯パトロールを実施することができる団体」の証明書を交付され、法人が所有する9台の車両に許可されました。
  9月21日「地域防犯パトロール隊出発式」を帯広警察署副署長立会いの下で行いました。
(写真2・写真3)

  デイサービスの送迎時などは、利用者さんにも協力してもらい「不審な人がいないか、いたら教えてください」などと言うことで、利用者さんの立場からも「私たちも防犯対策に協力している」という考えを持たせることも、肝心ではないのかと考えます。
  犯罪や空き巣、不審者の児童への誘惑などは、午後2~6時頃が多いという統計もあり、下校時とデイサービスの送迎時と出没時が一致する場合もあるため、「防犯パトロール隊」は地域犯罪を未然に防ぐなどの、抑止力効果は大きいものと期待されています。
 
 
地域の安全こそ
  地域福祉が「人々の健康と平和の促進」を掲げるのであれば、これも社会福祉法人としての「地域福祉まちづくり」と同等であると考えられます。
  そして、「地域平和と地域貢献」が「社会福祉法人の使命」であると絶えず考えております。

(写真1)                                                      (写真2)
 
 
「防犯に関する協定書」の締結式。
左から町社協原会長、岡田町長、林理事長。
 
 
(写真3)
 
地域防犯パトロール隊出発式。
これから、パトロールに出発します。
 
パトロール初陣。
<<社会福祉法人幕別真幸協会>> 〒089-0571 北海道中川郡幕別町字依田379番地 TEL:0155-56-4706 FAX:0155-56-5680